Propose To You

婚約指輪を選ぶ際のポイント

婚約指輪を選ぶ際のポイント

プロポーズの必需品ともいえる婚約指輪ですが、婚約指輪は一緒に選びたいという女性も多くいます。
理由としては、高価なものだからこそ気に入ったデザインのものをいただきたい、サイズが合わなかったら嫌だ、などが挙げられます。
どうしてもサプライズで渡したいという場合は、事前に彼女の好みや指輪のサイズを把握しておいた方が良いでしょう。
婚約指輪には様々なデザインがあります。

・石の種類
定番はダイヤモンドですが、誕生石も人気です。
また、立て爪タイプにするか埋め込みタイプにするかも考えなければいけません。
・デザイン
シンプルなものの他に、ハーフエタニティ、フルエタニティなどいろいろなデザインがあります。
結婚後には、結婚指輪と重ね付けする機会も多いため、結婚指輪との相性も大切です。
可能であれば、どのような結婚指輪にするかも見据えた上で、選ぶと良いでしょう。
・予算
昔から、給料の3ヶ月分と言われますが、その理由はご存知ですか? 婚約指輪には「婚約期間中に自分に万が一のことがあった場合、この指輪を売って当面の生活費(約3ヶ月)に充てて下さい」という意味も込められているのです。
とはいえ、結婚式や新婚旅行、その後の生活など、何かとお金が必要になりますので、いくらまでなら出せるのかをしっかりと考える必要があります。

婚約指輪をレプリカを活用して思い通りに製作

婚約指輪は女性にとっては一生に一度の大切なものです。
それだけに、選ぶ時はとことん納得のいくものを買いたいという人もいるでしょう。
以前は婚約指輪というとブリリアントカットのダイヤモンドの石ひとつを爪で止めるタイプの指輪のデザインが主流で、あまり個性的なデザインや構成を選ぶ人は少ない時代もありました。
最近では、さまざまな個性的なデザインの婚約指輪も出てきていて、なかには自分で好みのデザインにオーダーメイドで作る人も出てきています。
オーダーメイドで作ろうという人にとっては、本物の製品がこの世にないオリジナルデザインのものもあり、現物を見て比較して決めることが困難です。
しかし、レプリカを使うことで、この悩みも解消します。
オーダーメイドでどこにもないデザインを作るとして、その本物の外観をレプリカで製作するサービスを行うオーダーメイド宝石店があります。
石の輝きは本物に及びませんが、それ以外の構成要素は全て本物と同じように作ることができます。
このレプリカを見ながらさらに微調整をすれば、そのレプリカを元にオリジナルの本物の婚約指輪を製作するという流れです。
頼む側も作る側も妥協なく理想のデザインに導くことができそうです。

婚約指輪のオーダーメイドなら

国内唯一婚約指輪,結婚指輪の鍛造オーダーメイド専門店

婚約指輪を贈る