Propose To You

婚約指輪を購入する際に知っておきたいマナー

婚約指輪を購入する際に知っておきたいマナー

プロポーズの大切な記念となる婚約指輪。
購入する際のマナーを知っておくと、より賢いショッピングが出来ます。
まず、婚約指輪を選ぶ時は、必ずダイヤモンドの鑑定書の付いたものを選ぶ様にしましょう。
専門の鑑定機関がダイヤモンドの価値を検査した、大切な証明書となります。
鑑定書には、カット、カラット、カラー、クラリティの頭文字である4Cについての評価が記載されています。
この評価が4つともなるべく高い物を選ぶようにしましょう。
解らない時は、スタッフに聞くなどして、ダイヤモンドの価値を教えてもらいます。
実際に幾つかの婚約指輪を見せてもらい、比べてみる事も大切です。
最初に、大体の予算と好みのデザインをスタッフに伝えてから、見せてもらうのが良いマナーです。
あれやこれやと沢山見たがったり、迷いすぎたりするのはマナー違反です。
迷った時には、再度訪れると伝えるなどして、帰宅してから良く考える様にしましょう。
購入前に4Cについてある程度学んでおくと、スムーズな婚約指輪選びが出来ます。

婚約指輪を綺麗に保つための保管方法

婚約指輪を美しく保つためには、正しい保管方法を知る事が大切です。
婚約指輪には、ダイヤモンドがセッティングされています。
ダイヤモンドは地球上で最も硬い物質なので、他の宝石などと一緒に保管すると、宝石に傷や欠けを付けたりする可能性があります。
婚約指輪は必ず単独で、クッションの付いた指輪ケースなどに保管する様にしましょう。
ダイヤモンドは、ホコリや汗などの汚れが付きやすいので、指輪を外す前には軽くクリーニングする様にしましょう。
乾いた柔らかい布で、軽く拭き取るだけで十分です。
土台がプラチナや金の場合も、同じように軽く布でクリーニングしてあげましょう。
毎日の使用で汚れや曇りが目立つ様になってきたら、中性洗剤をぬるま湯で薄めた中に入れ、柔らかい歯ブラシで軽くこすり洗いします。
その後はよくすすいで、乾いた布で丁寧に水分をふき取ります。
クリーニングをしてくれる宝飾店もあるので、汚れなどが気になる時は相談してみると良いでしょう。