Propose To You

婚約指輪の購入時期について

婚約指輪の購入時期について

婚約指輪の購入時期について、特定の決まりはありませんが、一般的には入籍する1年前~半年前というのが通常のようです。
最近は、結納を行わない場合も増加し、その代わりに婚約食事会が流行しています。
この食事会で婚約指輪をお披露目するため、間に合わせるように購入する方もいます。
また、アクセサリーですので、相手の趣味に合わせて、プロポーズ後に2人でショップを巡り、購入するのもおすすめです。
結婚といいますと、個々人の話ではなくなり、双方の家族と家族の重要事項となってきます。
2人が、結婚へ向けての決意を高めていく事で、双方のご家族へも安心感が生まれます。
そのためにも、結婚を申し込んだ時期から、購入の準備を進めるのが一番です。
既製品でしたらその場で受け取れますが、購入してから指輪の完成までの時間を、ショップで必ず確認してください。
オーダーメイドですと、最低3か月はかかるとみておくべきです。
婚約指輪をつけることで、結婚の約束をしているという実感も湧きます。
是非、計画的な購入で、幸福な結婚の日を迎えてください。

婚約指輪の納期を記念日に合わせる方法

プロポーズの要となる婚約指輪は記念日に合わせて手に入れたいものですよね。
予定に間に合わずに台無し、ということがないように、発注してからいつくらいに仕上がるのかといった納期を確認しておきましょう。
婚約のオーダー方法にもよりますが、石とデザインを選ぶ一般的なセミオーダー方式の場合は、仕上がりまでに2ヶ月を見ておけば、確実に希望する期日に納期を間に合わせることができます。
2ヶ月のオーダー工程は、まず、指輪のデザインを選ぶというところが最初になります。
ここに関して、当日に決められる人もいれば、何軒か回りたいという人もいるでしょうから、2週間から1ヶ月を見ておくと十分でしょう。
そして、デザインが決まれば婚約指輪のポイントとなる石の品質を選ぶことになります。
品質について事前に調べておけばこれは当日に決めることができます。
そして、発注してから作成に一ヶ月前後かかるとみておきましょう。
せっかく一生に一度の大きな買い物ですから、期間に余裕を見て動き始めることが大切です。