Propose To You

婚約指輪をいらないと思った理由

婚約指輪をいらないと思った理由

近年婚約指輪をいらないという女性が増えてきています。
婚約指輪の意味は、永遠の愛を約束し男性が女性にプロポーズの時に渡すものですが、高価である上に、結婚指輪のように普段身に着ける機会が少ないということがあります。
そのため、もっと現実的なものにお金をかけたいという理由でいらないという女性が多くなっているのです。
女性の社会進出により、アクセサリーなどは自分自身で買える状況にある方が多くなったこと、婚約指輪を買う予算で新生活を充実させたい、新婚旅行を豪華にしたいなどと考える現代ならではの風潮があるのです。
婚約などの儀式も簡略化したり、家族だけで行う結婚式の家族婚の人気など結婚に対する考えが多様化し、婚約指輪の必要性も大きなものではなくなってきているという理由があるのです。
結婚というものがそれぞれの流れ、オリジナルの考えが主流になってきているのです。
ですから、お金の使いどころもそれぞれのカップルで考え、良いと思うものにかけることが現代の結婚事情なのです。

婚約指輪いらない私、買いたい彼を説得するには?

最近では婚約指輪はいらないと考えている女性が増えています。
結婚するとなると婚約指輪を用意しなければと考える男性も多いので、もし不要であるならば早めに彼を説得する必要があります。
説得の上でいちばん大事なことは何故不要なのかを明確に説明することです。女性が婚約指輪を不要だと思う理由の多くは、結局すぐに着けなくなるからもったいないということです。
婚約指輪の多くは台座にダイヤモンドなどの宝石がついています。お出かけの時につける場合は良いのですが、日常生活でつけていると宝石が邪魔になるシーンが多くあります。
そのため日ごろはしまわれることになり、結婚すれば結婚指輪をするためますます出番がなくなります。
高額な指輪をタンスの肥やしするのはもったいないです。このように説明してもまだ買いたがる場合は、日ごろ身につけておけるようなアクセサリーをかわりにお願いしてみてはいかがでしょうか。
彼から貰ったものをいつも身につけておきたいと言えば納得してもらいやすいですよ。