Propose To You

婚約指輪を送らない人が増えている?

婚約指輪を送らない人が増えている?

プロポーズの際に婚約指輪をもらって感激する、そんなシチュエーションは近年どんどん少なくなってきています。
婚約指輪とは、そもそも結婚を約束する印として男性から女性に贈られるものです。女性でもらって喜ばない人はほとんどいないと思いますが、付けることができる期間は結婚するまでの短い間だけですし、せっかくもらっても職場などでは周りの目を気にして付けないという人もいるようです。
また立て爪タイプの指輪はひっかけたりする心配もあって日常生活では付けづらい場合もあります。
決して廉価なものではありませんし、それをもったいないと感じる人が増えてきているようです。
付けないのであればもらってももったいないですし、婚約指輪をなしにしてずっとつける結婚指輪にダイヤなどをあしらった高額なものを選んだり、婚約指輪分のお金を結婚式や新婚旅行の費用、また結婚後の生活や貯金のために充てるほうがよいという考え方が増えてきているようです。

婚約指輪代わりにプレゼント

婚約指輪のプレゼントがスタンダードですが、形式にとらわれたくない、自分たちらしい結婚のかたち、人とは違うオリジナルを求めているカップルたちのあいだで、腕時計、ネックレス、ブレスレットなどの宝飾品、個性的な贈り物としてメガネ、がプレゼントに選ばれています。
どんなプレゼントを贈るにしても、一生に一度の記念ですから、日常的に手に入れやすい価格のものではなく、婚約指輪相当の特別な価格のものが相応しいでしょう。
誕生石をあしらったり、オーダーメードで特別感を出したり、メッセージを刻印したり、相手が本当に欲しいものを一緒に探したり。相手を喜ばせたい、一生大事にしたいという思いを精一杯に表現した品であれば、それは立派な婚約プレゼントです。婚約指輪の代わりに相応しい贈り物になります。
ただし、婚約指輪は婚約相手にとって、憧れの贈り物であることも事実です。相手の希望を叶えることが何よりです。
しっかりリサーチして、相手の思いを外さない思い出に残るプレゼントを贈りたいものです。